MENU

塗りすぎ注意

ニキビは、毛穴に皮脂や古い角質が詰まることによって起こる皮膚の炎症性疾患です。

 

 

炎症を起こして膿がたまったりする症状ですが、酷い場合には毛穴が破けて炎症が広がってしまいます。
そうなると肌の奥まで傷つきニキビシミとなってしまいます。

 

 

ニキビがシミとなってしまうとコンプレックスになることもあるため、しっかりケアして跡をのこさないようにしていくことが大切です。

 

 

しかし、ニキビシミというものはできてしまうものです。

 

ニキビシミを上手く消すメイク方法とは、まずベースメイクによって隠してくことがポイントです。

 

 

ベースメイクを始める前にしっかり保湿をしていきます。

 

乾燥しているとシミやシワ、ケアなどが目立ちやすいため化粧水や乳液、クリームなどで保湿をします。

 

 

保湿が終わったらコンシーラーをつけていきます。

 

 

このとき使うコンシーラーは、カバー力の高いスティックタイプのものがおすすめです。

 

色は肌よりもワントーン暗めの色を使い、隠したい部分よりも広めにコンシーラーをのせたら、周りをぼかしてファンデーションを塗っていきます。ニキビシミ全てを隠すのは難しいですが、顔の中央を重点的に隠しておくことで肌を綺麗に見せることができます。

 

 

頬はチークをのせることで隠すことができ、血色を良く見せてくれます。

 

 

注意したいのがコンシーラーやファンデーションの塗り過ぎです。

 

 

塗り過ぎてしまうと肌のでこぼこがかえって目立ってしまい、厚く塗ることでニキビの悪化をさせてしまうこともあるため隠したい部分はしっかりと、ほかの部分は薄めに仕上げることが良いとされています。